衆院選、投票進む 深夜にも大勢判明 希望、立憲民主の消長焦点

台風21号の影響で雨が降る中、衆院選の投票所を訪れた有権者=22日午後、東京都江戸川区
台風21号の影響で雨が降る中、衆院選の投票所を訪れた有権者=22日午後、東京都江戸川区【拡大】

 第48回衆院選は22日、全国で投票が進んだ。消費税増税や憲法改正のほか、森友、加計学園問題を踏まえた安倍晋三首相(自民党総裁)の政治姿勢を争点に、5年近く続いた「安倍政治」への信任が問われる選挙。公示直前に結成された希望の党と立憲民主党の消長も焦点となる。計465議席(小選挙区289、比例代表176)の大勢は同日深夜にも判明する見通しだ。

 総務省が発表した午後4時現在の投票率は全国平均で26・30%。前回の29・11%を2・81ポイント下回った。有権者の20・10%が期日前投票を済ませた。

 今回の選挙には、8政党などから計1180人が立候補した。投票は午後8時に終了し、台風21号の影響を受けた一部を除き、即日開票される。選挙権年齢が「18歳以上」へ引き下げられてから初の衆院選。「1票の格差」是正などに伴い、定数が10削減され戦後最少となった。