衆院選で自公大勝 改憲勢力3分の2 立憲民主が野党第一党に (1/2ページ)

自民党本部で報道陣に対応する(左から)二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長、塩谷立選対委員長=22日午後、東京・永田町(福島範和撮影)
自民党本部で報道陣に対応する(左から)二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長、塩谷立選対委員長=22日午後、東京・永田町(福島範和撮影)【拡大】

  • 自民党本部に入る安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(福島範和撮影)

 第48回衆院選は22日、投票が行われ、一部地域を除き開票された。自民、公明両党で定数465の過半数(233議席)を制し大勝した。最終的に憲法改正の国会発議が可能となる3分の2(310議席)が確実な情勢だ。安倍晋三首相(自民党総裁)の約5年間の政権運営が信任され、来年秋の総裁選3選に向けて道が開けた。一方、小池百合子代表(東京都知事)の希望の党は公示前勢力を下回り、躍進確実の立憲民主党が野党第一党になる見通しだ。

 自民党は首相が設定していた勝敗ラインの自公両党で過半数をクリアした。公示前の290議席を下回るが、党単独でも過半数を確保する勢いだ。二階俊博幹事長は22日のネット番組で「内閣に信任をいただいたことはありがたい。これにおごらず対応していく」と語った。公明党は30議席台をやや上回る程度で、前回衆院選の35議席以上の目標には届きそうにない。自公で過半数を獲得したことで北朝鮮対応や幼児教育無償化を含めた少子化対策など重要政策が前進する。

 希望の党は伸び悩み、小池氏は22日、出張先のパリで記者団の取材に「私の言動で不快な思いを抱かせてしまい、厳しい結果につながった。私自身もおごりがあったのではないかと反省している」と語った。細野豪志元環境相はテレビ番組で「25日に両院議員懇談会を開き、党人事について判断する」と述べた。

立憲民主は公示前の倍増以上に躍進