【衆院選】希望の党・小池百合子代表「厳しい結果。私の言動に問題あった」

22日、パリのホテルで記者会見する小池東京都知事(三井美奈撮影)
22日、パリのホテルで記者会見する小池東京都知事(三井美奈撮影)【拡大】

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は22日、訪問先のパリで記者団に対し、衆院選の開票について「非常に厳しい結果だ」と述べた。苦戦の原因については「私自身、これまでの言動で不快な思いを抱かせた。申し訳ない」と分析した。

 小池氏は希望の党への民進党候補の受け入れにあたり左派を「排除する」などと述べ、反感が広がった。小池氏は「政策本位ということを言いたかったが、厳しい結果につながった。問題があったと真摯に受け止めたい。私自身もおごりがあったのではないか」と反省しきりだった。

 一方、希望の党の発足メンバーである細野豪志元環境相はテレビ番組で「25日に両院議員懇談会を開き、党人事について判断する」と述べた。