【衆院選】自民・二階幹事長「安倍内閣を信任いただいた」 憲法改正で希望と連携も

開票速報センターで取材を受ける自民党の二階俊博幹事長=22日午後、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)
開票速報センターで取材を受ける自民党の二階俊博幹事長=22日午後、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)【拡大】

 自民党の二階俊博幹事長は22日夜、インターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の番組に出演し、開票作業が進む衆院選で報道各社が自民の大勝を伝えていることについて「(安倍晋三)内閣を信任いただいたということは大変ありがたい。うれしいことだ。今後、これにおごらず、しっかり対応していく」と述べた。

 二階氏はまたテレビ朝日番組で、憲法改正の国会発議をめぐる希望の党との連携について「お話し合いをしてみた上で、そういうことになる場合もある」と含みを持たせた。希望の党の小池百合子代表が「連携できる相手か」と問われたのに対して答えた。

 一方、二階氏はNHK番組で、森友学園・加計問題をめぐり野党側が国会での徹底審議を求めていることについて「徹底審議は当然のことだ」と述べ、今後も必要に応じて政府が説明していくべきだとの認識を示した。