【衆院選】公明・山口代表、憲法改正で幅広い合意必要との認識強調

会見で質問に答える公明党の山口那津男代表=22日午後、東京都新宿区の公明党本部(飯田英男撮影)
会見で質問に答える公明党の山口那津男代表=22日午後、東京都新宿区の公明党本部(飯田英男撮影)【拡大】

 公明党の山口那津男代表は22日夜のテレビ東京番組で、衆院選後の憲法改正議論について「憲法改正は国会のみが発議できる。国会で議論を深める意味では与党も野党もない。各政党、各政治家が全てプレーヤーになるので、そこでどう合意をつくっていくかが課題になる」と述べ、幅広い合意形成が必要だと強調した。

 自民党と連立政権を組む一方、東京都議会で小池百合子都知事(希望の党代表)と協力する関係については「議会の側から(2020年の)東京五輪・パラリンピックを成功させる責任を負っているのが公明党だ」と強調し、問題はないとの認識を示した。