【衆院選】安倍首相、憲法改正で「より多くの方々に賛同いただきたい」

当選確実となった候補者のボードに花を付ける安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(福島範和撮影)
当選確実となった候補者のボードに花を付ける安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(福島範和撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は22日夜の民放番組で、自身が掲げた2020年に新憲法施行について「一つの目標として掲げたわけだが、スケジュールありきではなく、まずはしっかりと議論を深めていきたいし、より多くの方々にご賛同いただきたい。そのことを優先すべきであると考えている」と述べた。

 また、「希望の党の皆さんは憲法改正について前向きな、建設的な議論をしていこうという方が多いと認識をしている。希望の党をはじめ、他の政党とも話をさせていただきたい」と述べ、憲法改正に向けた希望の党との連携の可能性も示唆した。

 一方、安倍首相は22日夜のNHK番組で、来年9月の自民党総裁選で3選を目指すかと問われ、「まだ1年も先のことについては全く白紙だ」と述べた。

 今回の衆院選で自民、公明両党で大勝したことについては「安定した政治基盤のもとに政治を前に進め、結果を出すという国民の声だったと考えている」と語った。その上で「この期待に応え、一つ一つ結果を出していくことに全力を尽くしたい」と述べた。

 また、第4次安倍内閣や自民党役員の人事について「まだ選挙結果も出ていない状況なので、これから検討していきたい」との考えを示した。