衆院選、自公300超 改憲勢力3分の2 立憲民主が野党第一党に (1/3ページ)

開票速報センターでインタビューに応じる自民党総裁の安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)
開票速報センターでインタビューに応じる自民党総裁の安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)【拡大】

 第48回衆院選は22日、投票が行われ、一部地域を除き開票された。自民、公明両党で定数465の過半数(233議席)を制し、絶対安定多数(261議席)を上回って、追加公認を含め300議席を超えた。改憲勢力は憲法改正の国会発議が可能となる3分の2(310議席)を超えた。安倍晋三首相(自民党総裁)の5年近くにわたる政権運営が信任され、来年秋の総裁3選に向け、道が開けた。小池百合子代表(東京都知事)の希望の党は公示前勢力を下回り、躍進確実の立憲民主党が野党第一党になる見通しだ。

 絶対安定多数では、全常任委員会の委員長ポストを独占でき、なおかつ委員の過半数を確保できる。強固な政権基盤をこれからも維持することになる。

 自民、公明両党は、首相が設定していた勝敗ラインをクリアした。自民党は単独でも過半数を確保した。首相は22日、民放番組で「厳しい視線があると認識しながら、勝利に対して謙虚に向き合う」と述べた。二階俊博幹事長は民放番組で次期総裁選で首相を支持する考えを示した。公明党は神奈川6区で落選確実となった。自民、公明両党の大勝で北朝鮮対応や幼児教育無償化など重要政策が前進する。

希望は伸び悩み、維新と共産も苦戦