【衆院選】維新、存在感発揮が課題 大阪でも苦しい戦い 安倍政権には「是々非々」で

近鉄八尾駅前で応援演説を行った日本維新の会の松井一郎代表=15日午後、大阪府八尾市(恵守乾撮影)
近鉄八尾駅前で応援演説を行った日本維新の会の松井一郎代表=15日午後、大阪府八尾市(恵守乾撮影)【拡大】

 日本維新の会は、公示前の14議席以上の獲得を目指した。東京と大阪の小選挙区を希望の党との間で候補者をすみ分けて選挙に臨んだものの、本拠地の大阪でも前回獲得した小選挙区での議席を取りこぼすなど、苦しい選挙戦となった。今後、「第三極」政党として存在感を発揮できるかが課題となる。

 大阪市内で記者会見した松井一郎代表は「地元大阪でも競り負けた。力不足」と総括。希望や立憲民主党など野党が乱立し、与党が圧勝したことに「批判票が非常に多くの形でバラバラになってしまった」と分析した。

 安倍政権に対しては、政策が一致する部分は協力する「是々非々」路線を維持するとし、希望との関係も、「これからどういう運営をされるのかが一番ポイント。政策は重なるところがあるので、しがらみのない政治、身を切る改革をぜひ実施してもらいたい」と話し、小池百合子代表の動向などを見極めた上で、連携を検討していく考えを示した。