【衆院選】安倍首相、改憲は「今回の選挙で民意を得る、得ないというものではない」

衆院選の結果を受けて会見する安倍晋三首相=23日午後、東京都千代田区の自民党本部(飯田英男撮影)
衆院選の結果を受けて会見する安倍晋三首相=23日午後、東京都千代田区の自民党本部(飯田英男撮影)【拡大】

 安倍晋三首相(自民党総裁)は23日の記者会見で、憲法改正について「今回の選挙で民意を得る、得ないというものではないだろうと思っている」と述べた。「与野党にかかわらず、幅広い合意形成をするように努力を重ねていかなければならない」とも語った。

 首相はまた、トランプ米大統領が来日する11月5日までに特別国会を召集し、首相指名選挙を行う必要があるとの考えを示した。 閣僚や自民党役員の人事については「これからよく考えたい」と述べた。

 さらに11月10、11両日にベトナムで行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席と会談し、北朝鮮対応をめぐって協議する考えを示した。