【衆院選】立憲民主は「ヒーロー政党みたい。うまくやった」 維新・松井代表

険しい表情で会見に臨んだ「日本維新の会」の松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(渡辺恭晃撮影)
険しい表情で会見に臨んだ「日本維新の会」の松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(渡辺恭晃撮影)【拡大】

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は23日、衆院選で躍進した立憲民主党について、「完全に希望に入れてもらえなかった人たちの集団だ」と指摘。「(選挙中から)うまくやったなと思っていた。何か枝野(幸男代表)さんが正義の味方みたいになって、強い人たちに向かっていくヒーロー的に映っていた」と述べた。府庁で記者団の取材に答えた。

 松井氏は、選挙戦で「公明党さんは『ほとんどが民主政権のときのメンバーだ』と指摘していたが、そういうことはなかなか有権者に伝わらなかった」と振り返り、「ムードというか雰囲気というか、立憲さんは新しいヒーロー政党みたいに取り上げられたのではないか」と分析した。

 維新は衆院選で議席を減らしたが、「結果をみれば、立憲さんにも希望の党さんにも、(維新の票が)いっているところがあるだろう」とした。