小池氏の「6分間の挨拶」はこうすべきだった 逆風の原因は「本当に謝罪するべき相手」をスルーしたから (1/3ページ)

希望の党の両院議員懇談会で、頭を下げる小池百合子代表(左)=25日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(宮崎瑞穂撮影)
希望の党の両院議員懇談会で、頭を下げる小池百合子代表(左)=25日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

【ニッポンの謝罪道】

 選挙といえば敗北陣営の責任者からの謝罪の弁が定番ですが、果たして希望の党・小池百合子代表の謝罪はいかなるものだったのでしょうか。10月25日に行なわれた同党の両院議員懇談会の冒頭の小池氏の挨拶を「謝罪道」の観点から振り返ってみます。

◆小池氏の謝罪は、要するに…

 希望の党は惨敗したものの、とはいっても、「小池さんの下ならば勝てる!」という下心をもって出馬した民進党出身の方々が「代表の発言が全国的に厳しい風を起こした」「230人の候補者のうち180人が死んだ選挙だった」「『希望には全員行けるとの前提』『排除』『上納金』の3点が流れを希望から絶望に変えた」「連日裏切り者と言われ非国民ともいわれる選挙だった」「19年やっていますけど初めて嘘つきと言われてしまいました」(10月26日のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』より)と不満タラタラなのはどうなんですかね。

 「絶対儲かる株です!」なんて言われてそれをホイホイ買って下がったら文句を言う人もいますが、とにかく他人のせいにしたがっている。それでいて小池氏に辞任要求をする人もいるってワケですから、相変わらずの仲間割れ体質は変わっていないですね。この懇談会以後、26日現在において、メディアの論調とネットの「風」はまるで好意的ではありません。さて、それでは小池氏の挨拶の一部は以下の通り。

【1】〈今回の総選挙、非常に時間が短い中での党の立ち上げとなり、皆さま方も現場も、ポスター作りからなにからなにまでこれまで経験のないような選挙に突入したかと存じます。こと、これにつきましては、心ならずも多くの方々を傷つけてしまったことについても、改めて謝りたいと思っております〉

【2】〈そしてまた、政党たるものは、理念、そして政策が一致しなければいけないという点を強調したところだが、言葉がこうも歩いてしまったということが結果なので、改めてこの責任についても私はしっかりと心に刻んでおきたいと思っています〉

【3】〈1000万人に近い方々が比例代表で希望の党とお書きいただいた事実。これを私たちは忘れてはいけないと思っています〉

【4】〈私は党を立ち上げた責任を感じながら、一方で都知事という事実もございます。ぜひ私が都知事として都政に邁進(まいしん)をしてまいりたいと考えておりますので、国政は国会議員の皆さま方にしっかりと委ねていきたいと、このように考えています〉

 これをまとめると、こうなります。

 「私の失言もあり、ここにいる当選者の皆さん(そして後で報道等により見るであろう党員の皆さん)、にはご迷惑をかけ、職を失った人がいたのは申し訳ない。私は都知事なんでそちらに注力します。後はあなたたち主導でよろしくお願いします。1000万人の支持者がいるので少しは心強く思い、この方々の期待に応えてください」

小池氏が見誤った「本当に謝罪すべき相手」

今、あなたにオススメ
Recommended by