民進党新代表に大塚耕平参院議員 「次期衆院選で政権交代」 他に立候補なく

民進党の両院議員総会で代表に選出され、あいさつする大塚耕平氏=31日午後、東京・永田町の党本部
民進党の両院議員総会で代表に選出され、あいさつする大塚耕平氏=31日午後、東京・永田町の党本部【拡大】

 民進党は31日午後の両院議員総会で、前原誠司氏の後任代表に大塚耕平参院議員(58)を正式に選出した。大塚氏は総会で「次期衆院選では立憲民主党と希望の党、民進党の3党を中心に政権交代を実現するという目標を共有したい」と決意を語った。

 大塚新代表の任期は来年9月末まで。特別国会が11月1日に召集されるのを控え、執行部人事を急ぐ。分裂した党の立て直しを目指す。午後1時まで行われた立候補の受付では、大塚氏以外の届け出はなかった。

 大塚氏は日本銀行を経て、平成13年の参院選(愛知県選挙区)に当時の民主党から出馬して初当選し、現在当選3回。内閣府副大臣や厚生労働副大臣、民進党参議院政策審議会長などを歴任した。