東証、続伸も前日の反動で伸び悩み

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸して始まった。午前9時15分現在の平均株価は、前日終値比21円71銭高の2万2441円79銭。

 一時、1996年7月以来21年4カ月ぶりに2万2500円を上回る水準まで上昇したが、前日の400円高の反動や連休を前に調整売りが出たという。

 ソニーやソフトバンクなどハイテク株、前日に平成30年3月期の連結最終利益を上方修正したホンダなどが高い。