ベゾス氏、初の富豪世界一 アマゾン株急伸、1日で1.1兆円増

ジェフ・ベゾス氏(ブルームバーグ)
ジェフ・ベゾス氏(ブルームバーグ)【拡大】

 米国株式市場で先週の営業最終日の10月27日に、米アマゾン・コムの株価が急伸したことで、同社の創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏(53)がマイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏(62)を抜いて、初めて世界一の富豪となった。ゲイツ氏は4年余りにわたり首位の座を維持していた。

 ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ベゾス氏の純資産額は1日で104億ドル(約1兆1850億円)増えた。アマゾンのこの日の株価は前日比13%高と2年半ぶりの大幅高で終了した。同社が発表した7~9月期(第3四半期)決算が売上高と利益がともにアナリスト予想を上回ったことを好感した。

 ベゾス氏の資産額は7月27日にも日中取引で一時ゲイツ氏を抜いたものの、アマゾン株が下落して引けたことから、結局2位にとどまっていた。

 ビリオネア指数によれば、10月27日の取引終了時点でベゾス氏の純資産額は938億ドルと、ゲイツ氏を51億ドル上回る水準。ゲイツ氏は2013年以来、世界富豪のトップに君臨していた。

 ベゾス氏の資産は今年に入り285億ドル増加。ゲイツ氏は8月にマイクロソフト株46億ドル相当を慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」に寄付したにもかかわらず、同氏の純資産額は昨年末以来、63億ドル増えている。(ブルームバーグ Tom Metcalf)