【マーケット トレンド】日経平均 米大統領のアジア歴訪が焦点

 東京株式市場はトランプ米大統領のアジア歴訪が焦点となる。日経平均株価(225種)は2万2000円台での値動きが想定される。前週は好業績の銘柄が買われ、1996年6月に付けたバブル経済崩壊後の終値最高値以来の高い水準となった。今週は日米や米韓、米中の首脳会談が行われる。米国が通商政策で保護主義的な姿勢を強めた場合、投資家心理を冷やす恐れがある。上場企業の2017年9月中間決算発表が相次ぎ、7日にトヨタ自動車が開示する。

今、あなたにオススメ
Recommended by