【東京市場の注目銘柄】(6日)カカクコム 6.7%高 (1/2ページ)

 ≪食べログ新料金契約増加を好感≫

 ■カカクコム(2371) 前営業日比6.7%高の1685円。野村証券は、2日の決算発表直後に株価は下落したが、示された決算にネガティブな内容はなく、むしろ「食べログ」の新料金プラン契約ペースが加速したことをポジティブに捉えるべきだとした。2017年3月末の3500店に対し、9月末9200店、11月末見込みは1万3000店と同証券が予想する18年3月末の2万店舗が射程圏内に入ったとし、利益は順調に進捗(しんちょく)するとみている。

 ■ファーストリテイリング(9983) 2.2%高の3万8600円。10月の国内ユニクロの既存店売上高は8.9%増。野村証券は、既存店とダイレクト販売の9、10月累計実績が前年同期比8%増と同証券による今期予想の前提である1.8%増を大幅に上振れていると指摘した。

 ■トーセ(4728) 3.7%高の3245円。開発を担当したスクウェア・エニックスのスマートフォン向けデジタルカードゲーム「ドラゴンクエスト ライバルズ」のサービスが2日に始まった。iTunesの無料アプリランキングによると、ドラクエライバルズは3位となっている。

 ■マツダ(7261) 4.3%安の1582円。9月中間営業利益は前年同期比13%減の765億円。18年3月期計画は前期比19%増の1500億円を維持、市場予想は1654億円。モルガン・スタンレーMUFG証券は、米国中心の販売苦戦が顕在化した決算と分析した。

今、あなたにオススメ
Recommended by