トランプ氏訪中、北朝鮮に「経済的圧力で一致」 米中両国で28兆円の商談成立

9日、北京で開かれた歓迎式典で握手するトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(ロイター=共同)
9日、北京で開かれた歓迎式典で握手するトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(ロイター=共同)【拡大】

  • 9日、北京で開かれた歓迎式典に臨むトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(共同)
  • 9日、北京で開かれた歓迎式典で、音楽隊に拍手するトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(共同)
  • 9日、北京で開かれた歓迎式典で中国の習近平国家主席(左)と握手するトランプ米大統領(共同)

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は9日、北京で首脳会談を行った。共同記者発表でトランプ氏は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に「経済的圧力をかけ続けることで一致した」と述べ、中国に一層の取り組みを促した。米中間の貿易不均衡を指摘し、是正に取り組む考えも示した。習氏は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁の履行とともに、対話による解決を探ることが重要だと強調した。

 習氏は米中関係について「協力こそが唯一の正しい選択肢」と協調の重要性を訴え、トランプ氏の訪中を機に、米中両国で計約2500億ドル(約28兆円)の商談がまとまったと語った。 トランプ氏は北朝鮮問題について「解決方法があると信じる」と述べた。(共同)