安倍晋三首相、越のチャン・ダイ・クアン国家主席に対北圧力強化を要請

ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(右)と握手する安倍首相=10日、ベトナム・ダナン(共同)
ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(右)と握手する安倍首相=10日、ベトナム・ダナン(共同)【拡大】

 【ダナン=田北真樹子】ベトナム中部ダナンを訪問中の安倍晋三首相は10日午前(日本時間同)、ダナン市内でベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と会談した。安倍首相は核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めるよう呼びかけ、クアン主席は国連安全保障理事会の制裁決議を順守する方針を示した。

 会談で安倍首相は、拉致問題について「安倍内閣の最重要課題であり、早期解決に向け理解と協力を期待する」と述べた。これに対し、クアン主席は「拉致問題については日本国民に同情する。日本と協力できることは行いたい」と表明した。

 安倍首相はまた、自らが提唱する「自由で開かれたアジア太平洋戦略」に基づき沿岸国の能力構築支援などに取り組む姿勢を説明した。両首脳は安全保障協力をさらに強化することで合意した。