【マーケット トレンド】東京円相場 1ドル=111円~114円で推移

 外国為替市場は、米長期金利をにらんだ展開となりそうだ。市場では1ドル=111円~114円で推移するとの見方がある。前週は、米税制改革法案の年内成立への不透明感を受け、円買いドル売りの動きが優勢となり一時1ドル=112円台前半を付けた。今週は日経平均株価の動きに加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表が注目される。物価の伸び悩みを懸念する内容なら、今後の利上げペースが緩やかになるとの観測から円高が進む可能性がある。