「微笑外交」で対中投資促進 財界訪中団、李克強首相と2年ぶり会談 (1/2ページ)

中国の李克強首相(右)との会談を前に、握手する経団連の榊原定征会長=21日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)
中国の李克強首相(右)との会談を前に、握手する経団連の榊原定征会長=21日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)【拡大】

 日中経済協会、経団連、日本商工会議所の財界合同訪中団は21日、北京市の人民大会堂で、2年ぶりに李克強首相と会談した。李首相は「日中関係は徐々に改善している。改善の基礎に日中経済界の意思疎通は欠かせない」と日本の経済界に連携強化を求めた。

 これに対し、経団連の榊原定征会長は「中国が構造改革を進め、どのように成長の道筋をつけていくのか示していただきたい」と要請した。

 訪中団団長である日中経協の宗岡正二会長は、李首相に「日中両国が自由貿易の推進や地域経済協力の高度化を求めていく必要が高まっている。そのためにも日中関係の深化に向けた早急なビジネス環境整備を求めたい」と要望した。

 「2年ぶりに会談した李克強首相や各省庁の大臣は、日本側からの厳しい意見も真摯(しんし)に聞いている」

 訪中団に加わったある財界首脳は中国側の対応に、日本との経済連携に本腰を入れようとする中国の姿勢を感じとっている。

 直近の日中関係には関係改善の兆しも見える。尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権問題などによる関係悪化は日本から中国への直接投資を激減させたが、11月には安倍晋三首相が習近平国家主席、李氏と相次いで会談した。朝鮮半島の非核化に向けた連携強化で一致した。

中国の「微笑外交」の狙いは…