ラルフ・ローレン、再興に危うさ ブランド力失墜、ポロシャツでさえ売れず (1/3ページ)

 ファッションデザイナーのラルフ・ローレン氏が、自身の築き上げたファッション小売り帝国の支配権の共有を目指した最初の取り組みは失敗に終わった。当時、新たに任命した最高経営責任者(CEO)はわずか1年半で会社を去った。両者はともに、クリエーティビティーの分野で衝突があったことを認めた。

 そして今、ローレン氏は再び社外の人材の力を借りてラルフ・ローレンの再興を図ろうとしている。7月に、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)で経験を積んだパトリス・ルーヴェ氏をラルフ・ローレンのCEOに任命したのだ。

 しかしローレン氏が同社を去るわけではない。この件に詳しい関係者によると、ローレン氏は引き続きニューヨーク・マンハッタンの本社で週に4日のペースで執務し、経営に深く関与している。そして、同社の事業のクリエーティブな分野について、自身が支配権を握り続けることを明確にしている。

 新CEOに決定権なし

 ルーヴェCEOの契約には、ルーヴェCEOの自由を縛るような条件が含まれている。この契約によると、ローレン氏が最高クリエーティブ・ディレクターの座にとどまり、ブランドやクリエーティブ分野、そしてデザインやマーケティング分野の上級幹部の採用に関してローレン氏が最終的な決定権を持つ。5月に退任したステファン・ラーソン前CEOにはこのような制約はなかった。

 ルーヴェ氏は8月のアナリスト向け会見で、ローレン氏が事業のクリエーティブ分野に責任を負う一方、自身は戦略、実行、業績に責任を負うと説明した。

初めて世界の上位100ブランドから外れる