日本はアジアで魅力度最低 高度外国人材、就労環境に課題山積

 スイスのビジネススクールIMDがこのほど発表した2017年版世界人材ランキングによると、調査対象のアジア11カ国中、日本が高度外国人材にとって最も魅力がないという結果になった。世界では63カ国中51位。アジアではシンガポールが1位、香港は2位だった。

 政府も高度外国人材の必要性は認識しており、今年4月から「日本版高度外国人材グリーンカード」を創設し、最短で在留期間1年での永住許可申請を可能にした。だがIMDの調査結果はまだ課題が多いことを示す。

 IMD世界競争力センターのシニアエコノミスト、ホセ・キャバレロ氏は、技術力向上で労働人口減少に対処しようとする日本のシナリオを脅かす調査結果だと分析した。「高齢化が続く中でこの傾向が続けば、いずれ問題になる」と述べ、国内の労働力だけで必要な技術開発ができるか疑問視した。

 日本の人材不足はさらに悪化する可能性もある。経済産業省が昨年発表した調査によると、ビッグデータ、人工知能(AI)、IoTなど先端IT分野で、20年には約4万8000人の人材不足に直面する見通しだ。情報セキュリティー分野は約19万3000人が不足する見込み。

 第4次産業革命での中国や米国との競争では、データ活用も課題となっている。IMDが別に発表した世界デジタル競争力ランキングによると、日本はデジタル競争力では世界27位だが、ビジネスや意思決定の際のビッグデータや分析ツールの使用は下位だった。

 IMD世界競争力センターのキャバレロ氏によると、IMDの調査結果は経営幹部、日本で就労経験のある日本人と外国人への調査を基にまとめた。「高度人材」は高等教育に加え、金融や国際経験、言語など多様なスキルを保持している人を指す。(ブルームバーグ Henry Hoenig)