ネスレ、サプリ買収で合意 カナダ企業23億ドル、直ちに増収寄与

 食品世界最大手、スイスのネスレは5日、ペルミラ・ファンズが率いる投資家グループからカナダのケベック州を本拠とする健康補助食品メーカー、アトリウム・イノベーションズを23億ドル(約2590億円)で買収することで合意したと発表した。アトリウムの2017年の予想売上高は7億ドル。

 ネスレの今年1~9月期売上高は今世紀に入って最悪で、ドイツのヘルスケア会社プレゼニウスから最高経営責任者(CEO)としてネスレに入ったマーク・シュナイダー氏には、業績回復に向けた圧力がかかっている。

 ネスレ・ヘルスサイエンスのグレッグ・ベハーCEOは電話会見で、買収手続きは来年1~3月期に完了し、直ちに売上高の伸びにつながると説明した。

 1999年設立のアトリウム買収により、プロバイオティクスや植物由来のプロテイン栄養食品や代用食品、マルチビタミンなどがネスレの製品群に加わる。アトリウムの従業員は1400人。同社のサプリメントは米国などの健康食品店で販売されている。(ブルームバーグ Thomas Mulier)