企業統治強化、有識者会議で議論へ

 経済産業省は7日、昨年7月に設置した有識者会議で、企業統治(ガバナンス)をグループ全体で強化する手法について新たに議論すると発表した。神戸製鋼所の子会社などで製品のデータ改ざんが相次いでおり、再発の防止に役立てる。来年春に中間取りまとめを行い、2019年3月に報告書をまとめる。有識者会議は「コーポレート・ガバナンス・システム研究会」。座長は神田秀樹・学習院大大学院教授が務める。