年末年始の営業は必要か “三が日の光景”変化、休業日設定の動き広がる (1/2ページ)

テンアライドが展開する「炭火串焼テング酒場」(写真は東京都内の店舗)
テンアライドが展開する「炭火串焼テング酒場」(写真は東京都内の店舗)【拡大】

  • 住宅業界にも三が日休業を実施する企業が出てきた

 もうすぐお正月。年末年始に休める人もいれば、仕事で忙しい人もいる。それが日本の当たり前の光景になってから久しい。

 記者の父も「忙しい人」の1人だ。家電量販店に30年以上勤めているが、記者が幼いころ、正月三が日は休みだった。それが元日だけになり、今では元日はいつもより早く出勤する。

 そんな光景が少しずつ変わるかもしれない。飲食や小売りなどの現場で、年末年始に休業を設ける動きが広がってきた。

初の一斉休業

 居酒屋「旬鮮酒場天狗」「炭火串焼テング酒場」を展開するテンアライドは、12月31日の大みそかに一斉休業すると発表した。これまで店舗ごとに休業日を設けることはあったが、全122店舗が一斉に休業するのは初めて。

 テンアライドは飲食業界の中でも、従業員満足度向上の取り組みに力を入れる企業として知られる。居酒屋ながら原則午後11時半閉店で、深夜営業はない。休暇制度も充実しており、これまで「一斉に休む」必要性を議論してこなかった。

 それでも一斉休業を決めたのは、「従業員には家族がいる人も、地元が遠い人もいる。年末年始ぐらいはゆっくり家族と過ごす時間が必要ではないか」(担当者)という議論になったからだという。また、年末年始のような時期に、社内で働いている人も休んでいる人もいると、不公平感も生じる。

 今回は試行として、12月31日の1日のみ実施。2018年以降も大みそかの休業は続ける意向だが、状況を見ながら元日など他の日の休業も検討する。

他の業界にも波及