米国が直面する異次元バブル崩壊 利上げ階段の先に待ち構える「とどめ」 (1/2ページ)

 広く予想されている米追加利上げの先に、景気失速とバブル崩壊の兆候が広がってきたようだ。国際決済銀行(BIS)は3日に発表した四季報で、株価高騰を「泡立っている」(Frothy)との表現で警告している。金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)は12、13両日に今年最後の定例会合を開いた。

 著しく異なる風景

 資産バブルについて初めて「フロス(Froth)」と形容したのは、第13代米連邦準備制度理事会(FRB)議長のグリーンスパン氏である。2005年7月の議会公聴会で、住宅市場はバブル化しているのではないかという議員の質問に「一部の地域で泡粒の兆候(signs of froth)が見られる」と答えたのが最初だ。

 当時の米金融政策は利上げ局面にあり、グリーンスパン議長は住宅フロスの本格的なバブル化を防ぐため、「緩和政策の解除」を進めていた。そして現在、次期FRB議長に指名されているパウエルFRB理事も、「極めて低い名目金利が長期にわたり続いてきたため、金融システムの安定に対するリスク醸成に高度の警戒が必要になっている」と今年1月に警告、米経済は緩やかな利上げの階段を昇りつつある。

 米金融政策当局はこのように景気拡大期にはバブル膨張を警戒してきたが、20世紀末から今世紀に入って2度の大型バブルの膨張と崩壊を招いている。いずれのケースもFOMCの利上げが最終的にとどめを刺した格好だ。

過去2度のバブル膨張と比べると著しく風景が異なる株高