日中与党交流協議会が共同提言 一帯一路 福建省にモデル地区設置確認 対北「共に努力」も

日中与党交流協議会を終え、記者会見する自民党の二階幹事長(右)と公明党の井上幹事長=26日、中国福建省福州(共同)
日中与党交流協議会を終え、記者会見する自民党の二階幹事長(右)と公明党の井上幹事長=26日、中国福建省福州(共同)【拡大】

 【福州=長嶋雅子】中国福建省で開かれていた自民、公明両党と中国共産党との定期対話「日中与党交流協議会」が26日、共同提言をまとめて閉幕した。中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」に関して「日中両国で地域の繁栄に共に貢献するよう協力していくための具体的案件を模索」とし、海と陸のシルクロードの連結点である福建省を国際的モデル地区とすることを確認した。

 協議会には自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長や、中国共産党の宋濤中央対外連絡部長らが出席した。提言は「日中関係の肯定的側面を絶え間なく拡充・強化」すると確認。「地域の平和のために積極的に貢献を行っていく」とした。緊迫する北朝鮮情勢では「共に努力して平和的解決に結びつけていく」とした。

 二階氏は記者会見で「東アジアの平和を守るために日中の協力が重要」と強調した。井上氏も「日中が共に努力することを正式に確認をしたことに大きな意味がある」と述べた。次回は日本で開催する。