「クジラ」結託で急落リスク ビットコイン4割握る1000人、売却示唆の動き (1/2ページ)

 11月12日、当時の相場で約1億5900万ドル(約180億円)に上る2万5000ビットコイン前後を誰かがインターネット取引所に移動させ、ネット上の掲示板は騒然となった。ビットコインのトレーダーらは、保有者による売却が近いことを示唆する動きだとささやき合った。

 大量のビットコイン保有者はしばしば「クジラ」と呼ばれ、投資家の不安材料になりつつある。その一部でも売却されれば、ビットコインの価格は急落しかねないからだ。年初から12倍近くに価格が跳ね上がった今となっては、大口保有者が手放す可能性は一段と高まっている。

 AQRキャピタル・マネジメントの元マネジングディレクターでブルームバーグのコラム執筆者でもあるアーロン・ブラウン氏は「ビットコインの40%前後は恐らく1000人程度に保有されており、現在の価格ならその全員が保有枚数の半分程度を売りたくなるかもしれない」と指摘した。さらに「クジラ」が協調行動をとり、それを特定の少人数に前もって知らせる可能性もある。この大口保有者はビットコインが見向きもされなかった初期の頃から関わってきたため、お互いに知り合いの者が多く、相場の上げ下げでクジラたちが結託することは潜在的に十分にあり得る。

大口保有者が協調して動く可能性は