東証、小幅続伸で始まる 方向感定まらず

 28日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸して始まった。前日の米国株式市場でダウ工業株30種平均などの主要株価指数が上昇した流れを引き継いだが、海外投資家が休暇に入り取引は低調。一時、前日比でマイナスとなる場面もあるなど、方向感の定まらない展開だ。

 平均株価の始値は前日終値比84銭高の2万2912円05銭。その後も小動きで、プラス圏とマイナス圏を行き来している。