11月新設住宅着工 0.4%減8万4703戸 5カ月連続マイナス

 国土交通省が27日発表した11月の新設住宅着工戸数は前年同月比0.4%減の8万4703戸だった。5カ月連続のマイナス。分譲住宅は増えたが、持ち家と貸家が減少したのが響いた。

 持ち家は4.2%減の2万4904戸で、6カ月連続の減少。業界では「低金利が続き、住宅購入を急ぐ状況にないと考える人が多い」との見方があるという。

 貸家も2.9%減の3万7508戸と6カ月連続で減少した。アパートを経営する個人への融資が減ったことが影響しているとみられる。

 分譲住宅は8.7%増の2万1882戸と3カ月ぶりに増えた。マンションが9.5%増となり、一戸建ても7.7%増だった。

 三大都市圏は首都圏が1.9%減、中部圏が4.7%増、近畿圏が4.0%減だった。