利益確定売りで東京株127円安

 28日の東京株式市場は、年末を控えて様子見ムードが広がり、利益確定の売りが優勢となり、日経平均株価は反落した。外国為替市場の円相場が1ドル=112円台に上昇したことも重荷になった。終値は前日比127円23銭安の2万2783円98銭。東証株価指数(TOPIX)は10.76ポイント安の1819.03。出来高は約9億9700万株と前日に続いて低水準だった。朝方は、米株高を好感した買いが先行したが、午後に入って、日銀が上場投資信託(ETF)を購入するとの観測が後退すると下げ幅が拡大した。