売り圧力 来年もドル安進展 「米利上げ 海外成長・緩和縮小と相殺」 (1/2ページ)

 ドルにとって2017年は散々な年だったが、来年はもっとひどい年になるかもしれない。

 最近の相場反発にもかかわらず、アナリストや投資家はドルがユーロや円に対して一段と下落する可能性があるとみている。米国が政策金利を引き上げても海外の力強い経済成長や金融引き締め見通しで相殺されるとの見立てだ。今年のドルは主要通貨に対してここまで7%余り下落し、この10年で最大の下落率となっている。

 運用資産約7700億ドル(約87兆2000億円)のUBSアセット・マネジメントで資産配分責任者を務めるエリン・ブラウン氏は、欧州や新興市場をはじめ世界で見られる経済成長によって「ドルは再び売られる公算が大きい」と指摘。欧州や日本の中央銀行がどう動くかについては「ほとんど織り込まれていない」と語った。

 ブラウン氏によると、ユーロは18年に1ユーロ=1.30ドルに達する可能性がある。これは対ドルで10.7%の上昇余地を表している。今年のユーロの対ドル上昇率はここまで約12%。同氏はまた、円の対ドル上昇も予想する。

 為替トレーダーは今年、米当局の金融引き締め観測を受けて金利先物スワップが急上昇したにもかかわらずドルを売り、ユーロと円を買った。今や市場参加者の多くは、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めサイクルは終わりに近づいているとみていて、関心は欧州中央銀行(ECB)や日本銀行に移っている。18年の世界経済は成長率が3.7%に加速し、7年ぶりの高水準になる見通し。

円については日銀次第か