香港民主派が元日デモ 中国圧力に抗議

香港中心部をデモ行進する人たち=1日(共同)
香港中心部をデモ行進する人たち=1日(共同)【拡大】

  • 香港中心部をデモ行進する人たち=1日(共同)

 香港民主派は1日、中国の圧力により「一国二制度」下で約束された香港の「高度の自治」が損なわれているとして、中国や香港政府などに対する抗議デモを行った。数千人が参加し「香港を守ろう」と書かれた横断幕を掲げ、大通りを行進した。

 参加者らは、中国が国歌への侮辱行為を禁じる「国歌法」の香港での適用を決めたことや、香港立法会(議会)が昨年12月、民主派による審議の引き延ばしを難しくするため、親中派が提出した議事規則改正案を可決したことに反発。

 今年開通予定の中国と香港を結ぶ高速鉄道の香港側の駅で、中国側職員が中国本土の出入境手続きを行うとした決定についても「本土の法律が香港で一部でも適用されれば、中国の司法介入が進む」(デモ参加者)と懸念する声が上がった。(共同)