ナイキVSアディダス前哨戦 サッカーW杯 ユニホームとシューズ契約争う (1/3ページ)

ドイツ代表ではアントニオ・リュディガー選手(右)らもナイキのスパイクを履いている(AP)
ドイツ代表ではアントニオ・リュディガー選手(右)らもナイキのスパイクを履いている(AP)【拡大】

 2018年夏に開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。前回王者ドイツのサミ・ケディラが着るユニホームには、チーム・スポンサーであるスポーツ衣料大手アディダスの3本線のロゴが入っていることだろう。しかし、足元に視線を移せば、同じくスポーツ衣料大手ナイキのロゴマーク「スウッシュ」を目にすることになる。ケディラが履いているサッカーシューズはナイキ製だからだ。

 ケディラは数十年にわたる「スニーカー・ウォーズ(シューズ戦争)」に起きている戦略面での変化の象徴とされる。ロシア大会に出場する32カ国のユニホームのブランドは11カ国がアディダス、10カ国がナイキで、アディダスが一歩先行する。しかし、トップ選手とのシューズ提供契約の件数はナイキが大きく上回り、反撃を見せている。

 個別狙い「嫌がらせ」

 出場32カ国の最終登録選手は大会直前まで決まらないものの、独調査会社PRマーケティングは、ナイキのシューズを履いている選手が半分以上を占めるとみる。同社の創業者、ピーター・ホールマン氏によれば、4年前のブラジル大会でナイキのシューズを履いていた選手は全体の52%、アディダスを履いていた選手は36%だった。

 同氏は「決してまぐれ当たりではない。個人スポンサー契約に関して、ナイキはアディダスよりも早くから、より幅広く動いていた」と指摘する。

 PR社によれば、スポーツ衣料メーカーは、欧州だけで年間8億ユーロ(約1084億円)をクラブチームに、さらに同5億ユーロを各国代表チームに投じている。

昨年のアマチュア向けシューズ販売は…