「ゴルゴ13」任務拡大 外務省、邦人の安全策

 「デューク東郷、あなたに新たな任務を依頼したい」-。外務省は昨年始めた人気漫画「ゴルゴ13」の主人公と連携して海外の邦人に分かりやすく安全確保策を指南する取り組みを継続する方針を固めた。ホームページ(HP)上で公開中のテロや犯罪から身を守るすべを紹介する漫画が好評のためで、今後は漫画から動画へと「任務」を拡大する意向だ。省幹部が3日、明らかにした。

 外務省は、昨年3月から、海外に進出する企業向けとして、世界情勢や自らの安全確保の方策に精通する「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷を活用した安全マニュアルの漫画を公開中。全13話をまとめた冊子も10万部作り、国内の空港などで配布している。

 企業からは「短時間で必要な情報が頭に入る」「地域別の詳細版も出してほしい」との声が寄せられている。このため漫画版のストーリーをベースに動画を製作し、企業が社内研修などで使える教材としてネット上で公開する方向となった。