今年も需要堅調、インド消費回復 金、宝飾品と投資で輝き続く (1/3ページ)

金精製大手アルゴー・ヘレウスの工場に積まれた金塊=スイス南部メンドリシオ(ブルームバーグ)
金精製大手アルゴー・ヘレウスの工場に積まれた金塊=スイス南部メンドリシオ(ブルームバーグ)【拡大】

 2018年の金需要は堅調に推移する見通しだ。短期的な需要見通しに影響を与える主な要因は、米国の利上げと為替の動向だが、銀やプラチナ、パラジウムなど他の希少金属に比べ、循環的な消費の影響を受けにくいことに加え、世界的に低金利が予想される中で金属への投資需要が拡大するとともに、インドを中心に装飾品用途の消費回復が見込まれるためだ。

 産業用途も上向く

 金の最大の需要用途は宝飾品で、希少金属のコンサルティング会社メタル・フォーカスによれば今年の需要全体の49%を占める見通しだ。現物商品への投資が全体の約3分の1、中央銀行による購入と産業用途がそれぞれ8%程度という。ただし、公的な保有目標量は達成済みとみられるため、この需要は縮小傾向が続くだろう。

 産業用途の金消費は減退傾向にあったが、17年から18年にかけて回復に転じる見通しだ。特に金属価格の下落から、エレクトロニクスや装飾用途の消費が上向く可能性が高い。世界の金鉱山大手はニューモント、ゴールドコープ、ハーモニー・ゴールド・マインズ、シバニェ・ゴールド、ランドゴールド・リソーシズ、紫金砿業集団、グレンコアなどだ。

 18年の金宝飾品への需要は、ドル高による買値低下や世界経済の成長から恩恵を受ける可能性がある。16年は世界経済の成長ペースが鈍化して、中国やインドを中心に消費者心理が落ち込む中で金価格が急上昇し、金宝飾品の購入が抑えられた。その後、需要は17年に底を打ったとみられ、メタル・フォーカスによれば、18年には装飾用途の消費量は前年比2%増加して2022トンとなる見通しだ。

揺るがぬ安全資産