パブリック移行でIT変革 クラウド投資増受け新収益源必須 (1/4ページ)

四半期決算を発表するタタ・コンサルタンシー・サービシズのゴピナサン最高経営責任者(CEO)。クラウド関連事業が好調に推移している=2017年10月12日、インド・ムンバイ(ブルームバーグ)
四半期決算を発表するタタ・コンサルタンシー・サービシズのゴピナサン最高経営責任者(CEO)。クラウド関連事業が好調に推移している=2017年10月12日、インド・ムンバイ(ブルームバーグ)【拡大】

  • IBMの「ソフトレイヤー・クラウド・データセンター」でサーバーの稼働状態を監視する技術者=米テキサス州(ブルームバーグ)

 プライベートクラウド(企業や組織向けの専用クラウド環境)からパブリッククラウド(利用者を特定しないクラウド環境)への移行が進んでいることに伴い、ITサービス業界の変革が進んでいる。

 コンサルで差別化

 短期的に、クラウド化はコンサルティング中心のベンダーにとっては成長の追い風となる一方、データセンター受託業務を手掛ける企業にはマイナス影響をもたらす。

 IT投資に占めるクラウドの割合が10%未満にとどまっていることを踏まえれば、長期的な脅威よりもクラウド化によって生み出される機会の方が大きい。成熟化に伴い拡大ペースは緩まるだろうが、少なくとも今後10年間は、コンサルティングとシステム統合の双方でクラウド化進展による需要拡大が見込める。

 長期的には、パブリッククラウドの普及により、IT業界の大規模なシステムサポートとメンテナンスの商機は大幅に減少するだろう。また、従来型のデータセンター受託業務も需要縮小が予想される。IT業界は今後この損失分を補うために、人工知能(AI)による、あるいはプラットフォームベースの製品を拡大していく必要があるだろう。

 クラウド化への移行はまだ初期段階だが、この需要の高まりによって今後10年間はITサービス業界の成長加速が見込める。成長の大半は、インフラとアプリケーションなどをクラウドに移行する自社運用系(オンプレミス)の既存顧客からのものとなる。

規制強化は追い風