【マーケット トレンド】日経平均 2万3000円台を固められるか

 東京株式市場は企業の決算発表や国内外の経済指標が注目され、日経平均株価(225種)は2万3000円台を固められるかが焦点だ。前週は年明け最初の取引となった大発会の4日に前年末比741円高と急伸した。米国や中国の景気拡大が期待された。今週は12日に国内で景気ウオッチャー調査、海外では中国貿易統計が発表される。11日には小売業のセブン&アイ・ホールディングスなどが業績を開示する予定で、好決算なら投資家心理が明るくなりそうだ。