消費者心理4カ月ぶり悪化 野菜値上がり、基調判断は据え置き

 内閣府が9日発表した2017年12月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0.2ポイント低下の44.7となり、4カ月ぶりに悪化した。台風といった天候要因でレタスなど野菜が値上がりしたことなどが悪影響を及ぼした。もっとも、より長い期間でみた改善傾向は変わらず、内閣府は基調判断を「持ち直している」で据え置いた。

 調査基準日は12月15日で、向こう半年間の消費者の購買意欲や収入に関する4項目の見通しをまとめた。