NY原油、63ドル半ば 3年1カ月ぶり高値

 10日のニューヨーク原油先物相場は3日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の2月渡しが前日比0・61ドル高の1バレル=63・57ドルと2014年12月以来約3年1カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 朝方発表された米週間石油統計で原油在庫が8週連続で減少したほか、原油の生産量が減ったことも材料視され、需給改善への期待から買い注文が優勢となった。(共同)