【ニュース解説】《膨張するアマゾン》AIやクラウドで市場席巻 リアルとも融合 (1/5ページ)

トヨタ自動車が公開した新型セダン「アバロン」。アマゾンのAI「アレクサ」を搭載できる=15日、米デトロイト(共同)
トヨタ自動車が公開した新型セダン「アバロン」。アマゾンのAI「アレクサ」を搭載できる=15日、米デトロイト(共同)【拡大】

 米アマゾン・コムが事業を急拡大させている。話題の人工知能(AI)やIT機器で矢継ぎ早に新製品やサービスを発表。注目されるクラウドサービスでも圧倒的なシェアを築いている。さらにコア事業の流通でもスーパーを巨額買収し、ネットとリアルの融合に乗り出した。膨張する巨大IT企業の横顔と狙いに迫る。

■車載システムの“頭脳”を供給

 1月8日、米ラスベガスは、翌日に開幕を控えた世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の熱気に包まれていた。CESは今では狭い家電に分野にとどまらず、企業が最新のITや電子製品を披露する場ととらえられ、今年も世界各国から4千社近い企業が一堂に会した。

 「アレクサ、温度を変えてくれないか」

 注目を集めたのが、CES開幕を前にパナソニックが発表した、アマゾンの会話型AI「アレクサ」を搭載した車載システムだ。

 車に内蔵されたアレクサに運転者が話しかけることで道案内などを行うだけでなく、音楽をかけたり、車内の温度を変更したりすることができる。

 インターネットに接続しなくても一定の機能が使えるのが特徴で、パナソニック米子会社のトーマス・ゲッパート総代表は「革命的だ」と胸を張った。さらにネットにつなげば、なんと自宅の空調をつけられるなど、一段と充実した機能を楽しめる。

 トヨタ自動車もCESで9日、北米向けの一部車種で2018年中に、アレクサを導入すると発表した。トヨタのIT事業会社とマイクロソフトの合弁会社、トヨタ・コネクティッドのヒックス最高経営責任者(CEO)は「音声サービスは急速に普及している。トヨタの顧客は車内でアレクサと簡単に話せる」と期待を寄せる。

AIスピーカー人気に火を付けた