【マネー講座】《iDeCoに注目》(3)〈市場の動き〉実際の活用事例を紹介 (4/4ページ)

 ・ポイントその3…運用益

 運用益が非課税になるメリットはAさんもBさんも同じです。

例えば、利益が100万円だった場合は、通常は約20万円の税金が引かれますが、iDeCoでは100万円の利益をそのまま受け取ることができます。

つみたてNISAとの比較

 18年1月につみたてNISAの制度が始まりました。最長20年間、毎年40万円まで運用益非課税で運用できるため、iDeCo同様に税制優遇制度として注目されています。

 iDeCoは60歳まで引き出しができませんが、つみたてNISAは引き出しに制約がないという特徴があります。一方、税制面では、つみたてNISAにない所得控除がiDeCoにあることがiDeCoの大きな魅力と言えます。

(※マネー講座は随時更新。次回も「iDeCoに注目」をテーマに掲載します)

【プロフィル】荻谷洋介(おぎたに・ようすけ)

荻谷洋介(おぎたに・ようすけ)三菱UFJ信託銀行確定拠出年金業務部
受託企画グループ担当課長
2003年より確定拠出年金業務に従事。確定拠出年金の企画・営業・事務管理等を経験し、現在はiDeCoの企画・推進を担当。ファイナンシャル・プランナー(CFP)。

三菱UFJ信託銀行 iDeCo特集ページ