NY株反落、19ドル安 値幅508ドル、乱高下続く

 7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比19.42ドル安の2万4893.35ドルで取引を終えた。1日の値幅は508ドルと大きく、前日の1167ドルより縮小したものの、前週末からの不安定な値動きが続いた。

 ダウ平均は取引開始直後に一時、前日と比べた下げ幅が120ドルを超えた。その後、割安感が出た銘柄などを急速に買い戻す動きもあり、上げ幅が380ドルを超える場面もあった。午後に入っても乱高下を繰り返し、方向感に乏しい展開だった。

 投資家の不安心理の大きさを示すとされる「恐怖指数(VIX)」がこのところ急上昇していたが、7日は低下傾向となった。ただ通常より高めの水準だった。

 個別銘柄では、米航空機大手のボーイングが買われた一方で、アップルなどハイテク株が売られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は63.90ポイント安の7051.98と反落した。(共同)