景気一致指数、バブル期超え最高 17年12月 建機や自動車生産が堅調

 内閣府が7日発表した2017年12月の景気動向指数(速報値、10年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比2.8ポイント上昇の120.7だった。バブル景気だった1990年10月の120.6を超え、比較可能な85年1月以降で最高となった。海外向けの建設機械や自動車の生産、出荷などが堅調だった。

 基調判断は「改善を示している」で据え置いた。同様の表現は15カ月連続。2012年12月から続く景気拡大期間は61カ月に達したとみられる。

 一致指数は重要な景気指標を組み合わせて算出するもので、前月比では3カ月連続の上昇。鉱工業生産指数や耐久消費財出荷指数、小売業と卸売業の販売額など、速報段階で使う指標の全てがプラス要因となった。

 北米や欧州向けに掘削機械といった建機の出荷が伸び、国内向けでは普通乗用車が好調だった。スマートフォン用の半導体集積回路(IC)もアジア向けの出荷が伸びた。小売業は飲料や食料品、自動車が押し上げた。

 一方、数カ月後の景気動向を示す先行指数は0.3ポイント低下の107.9となり、2カ月ぶりに悪化した。