1万年前の英国人 青い眼に黒い肌 黒い巻き髪 骨からDNA解析

発表された約1万年前の英国に住んでいたヒトの頭部の復元=7日、英ロンドンの自然史博物館(AP、提供写真)
発表された約1万年前の英国に住んでいたヒトの頭部の復元=7日、英ロンドンの自然史博物館(AP、提供写真)【拡大】

 【ロンドン=岡部伸】英国南西部の洞窟で約1万年前に生きた男性は浅黒い色から黒い色の肌に青い瞳で、高い頬骨を持ち、黒い巻き毛の髪をしていたことが判明し、話題を呼んでいる。

 英メディアによると、ロンドンの自然史博物館と英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが1903年に英南西部のチェダー渓谷でほぼ完全な人骨の形で発見された中石器時代の人物「チェダー・マン」の頭蓋骨に穴を空けて標本を採取し、DNAを分析。ゲノムを初めて解析したところ、サハラ砂漠以南のアフリカ人に見られる色素沈着の特色が見つかった。

 狩猟採集者の男性で身長は166センチ、20代とみられる。祖先は氷河期末期に欧州に移動してきたとみられる。骨格は、自然史博物館に展示されている。

 これまでは、欧州北部に見られる白い肌色の色素編成は約4万5千年前に欧州に中東から移動してきて間もなく、ビタミンDの生成に必要な太陽光をより吸収するため起きたと考えられていた。この発見で、白の色素編成ははるかに最近発生した可能性が出てきた。英国先住の祖先の10%前後が「チェダー・マン」部族につながるとみられる。

 解析結果は、18日放映予定のドキュメンタリー番組で公開される。