東証、買い戻し優勢245円高 警戒感から荒い値動き

 8日の東京株式市場の日経平均株価は続伸し、終値は前日比245円49銭高の2万1890円86銭となった。今週前半の急落に伴い、値ごろ感のある銘柄の買い戻しが優勢だった。米長期金利の上昇で金融市場が混乱するとの警戒感から横ばい圏まで急失速する場面もあり、荒い値動きが目立った。

 東証株価指数(TOPIX)は15.78ポイント高の1765.69。出来高は約18億2000万株。

 平均株価は6日に1071円安となったが、7日の反発は勢いが弱く、8日は割安さの残る銘柄に買い注文が入った。

 米議会上院での予算協議合意により連邦政府機関の閉鎖が回避されるとの見通しが市場心理を明るくしたほか、欧州景気の拡大期待もあった。

 ただ相場の振れ幅は大きく、平均株価は上昇分がほぼなくなったり、逆に300円超値上がりして2万2000円台に近づいたりした。

 市場では、再び相場が急落することを恐れ「積極的に買いを入れにくい神経質な展開になっている」(ネット証券)との声が聞かれた。