【ワンタップバイのカンタン投資講座】テーマ投資ってどうなの?(2)

 テーマ投資は初心者にも分かりやすく、理解して投資できる点がメリットですが、リスクが高いと指摘されます。ただ、株式投資はすべからくテーマがあっての投資です。

 例えば、「今後も新興国を含め電子商取引が活発化しそうだ→決済手段が重要だろう→世界に展開するVISA(ビザ)の株を買っておこう」そんなシナリオの流れこそ、まさにテーマです。いわゆる「テーマ投資」では、一般に、そのシナリオに関連する銘柄をプロが選択しパッケージされたものに投資します。テーマを絞らず市場全体の銘柄分散で投資するよりは確かにリスクは高くなりますが、銘柄が分散される点で、個別の銘柄投資よりリスクは低くなります。そして、事実に立脚して無理なく構築されるシナリオには、成長力があるともいえます。例えば人口統計などの確実性の高いデータを基に、長期で描かれるテーマがよいでしょう。「オリンピック」など期限があるテーマで投資する場合は、テーマ相場のピークを意識して、利益・損失の確定ラインを決めておく方がよいと思われます。相場のテーマを考えることは投資の醍醐味(だいごみ)でもあります。

(三好美佐子)