春節の海外旅行、最高額の南極が人気

 中国大手オンライン旅行代理店の携程旅行網(シートリップ)はこのほど、今年の春節(旧正月)期間の海外旅行における中国人旅行者1人当たりの平均支出額は9500元(約16万5000円)で、最高額は南極観光の1人当たり16万元になるとの見通しを示した。同社の報告によると、春節の南極観光を申し込んだ人数は昨年の倍近くに上っているという。同社によると、価格の高い旅行先はほかにアルゼンチン、ブラジル、タヒチ島、ノルウェー、タンザニア、アイスランド、メキシコ、ニュージーランド、フィンランド。価格の安いものは、ラオス、セルビア、カンボジア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、タイ、ブルネイ、インドネシア、シンガポールなど。(中国新聞社)