仮想通貨への投資助言せず ドイツ銀富裕層向け運用「全損のリスク」

 ドイツ銀行のマルクス・ミュラー最高投資グローバル責任者は、同行のウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)部門が現時点で仮想通貨に投資するよう助言していないことを明らかにした。

 ミュラー氏はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで解決の難しい問題として、データの窃盗や喪失、価格操作の可能性、ボラティリティー(変動性)の高さを挙げ、「われわれは勧めない。投機を行う投資家のためだけのものだ。全損の現実的なリスクが存在する」と発言。債券など他の資産クラスにリターンの余地がほとんど残されていない今の市場の状況が、多くの空想をかきたて、仮想通貨の最近の価格上昇に反映されているとの見方を示した。

 さらにミュラー氏は、仮想通貨が将来的にある種の資産クラスとして地位を確立するには、例えば公式な取引プラットフォームを通じて、規制やセキュリティー、透明性の強化が求められると指摘。「法的責任や情報管理といった重要な問題がはっきりしておらず、われわれはまだ最初の入り口に立っているにすぎない」と語った。(ブルームバーグ Stephan Kahl)