ゼネラル・ダイナミクス、ITのCSRAを68億ドルで買収

 米防衛大手ゼネラル・ダイナミクスは12日、ITサービスのCSRAを約68億ドル(約7390億円)で買収することで合意したと発表した。政府機関や軍への情報技術サービス提供で事業を拡大する。

 発表によると、CSRAの株主は1株につき現金40.75ドルを受け取る。同買収額はCSRAの9日の終値水準を約32%上回る。ゼネラル・ダイナミクスは28億ドルの債務も引き継ぐ。

 今回の買収はゼネラル・ダイナミクスにとって過去最大規模となる。約20年前に実施した高級ジェットメーカーのガルフストリーム買収を上回る規模だ。

 CSRAはコンピューター・サイエンシズの政府事業とSRAインターナショナルの統合によって2015年に創設された。CSRAはサイバーセキュリティーやデータ分析、サポートなどの民間および軍関連情報技術をセールスフォースやマイクロソフトなどの企業に提供している。(ブルームバーグ Phil Serafino)